follow us in feedly
follow us in feedly

※免責事項
当事務所の税務会計ニュース及びお役立ち情報における各種ニュース及び各種情報等につきましては、お客さまに不測の損害・不利益などが発生しないよう適切に努力し、最新かつ正確な情報を掲載するよう注意を払っておりますが、その内容の完全性、正確性、有用性などについて保証をするものではありません。 したがいまして当事務所は、お客さまが当事務所のホームページの税務会計ニュース及び各種情報等に基づいて起こされた行動等によって生じた損害・不利益などに対していかなる責任も一切負いませんことを予めご了承ください。
※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
※本情報の転載および複製等を禁じます。
(注)上記において、お客様とは、当サイトにご訪問頂いたすべての方をいいます。

新たな行政不服審査制度

新たな行政不服審査制度

9月/27 By

中野区の税理士(飲食店に強い)の三堀貴信です。「新たな行政不服審査制度1」について。 平成26年6月に現行法を全部改正する新しい行政不服審査法(以下新法)が公布されました。新法は、平成28年4月の施行が見込まれています。

法人成りは金銭出資で

法人成りは金銭出資で

9月/14 By

中野区の税理士(飲食店に強い)の三堀貴信です。「法人成りは金銭出資で」について。 法人成りした場合の出資の方法には、金銭出資や現物出資などがあります。資金が乏しい場合、現物出資を選択したくなる気持ちはわかりますが、安易に

加算税等

加算税等

9月/13 By

中野区の税理士(飲食店に強い)の三堀貴信です。加算税等について。 期限内に確定申告書を提出しなかった場合や修正申告書の提出、更正があった場合などは、追加の本税とともに、加算税や延滞税などの附帯税を納付しなければなりません

確定申告をしなかった場合

確定申告をしなかった場合

9月/13 By

中野区の税理士(飲食店に強い)の三堀貴信です。確定申告をしなかった場合について。 法人が、正当な理由なく提出期限内に確定申告書の提出をしない場合、無申告加算税が課されることとなります(確定した税額の5~20%)。また、法

スキャナ要件の緩和(地方税)

スキャナ要件の緩和(地方税)

9月/13 By

中野区の税理士(飲食店に強い)の三堀貴信です。スキャナ保存(地方税)について。※財務省ホームページ抜粋 (地方税) 地方税関係書類に係るスキャナ保存制度について、次の見直しを行う。 (1) 対象書類の見直し スキャナ保存

スキャナ要件の緩和(国税関係)

スキャナ要件の緩和(国税関係)

9月/12 By

中野区の税理士(飲食店に強い)の三堀貴信です。 平成27年度税制改正によって、いわゆるスキャナ保存要件が緩和されました。 電子帳簿保存法のスキャナ保存は、領収書、請求書等の国税関係書類の保存方法のひとつです。これら国税関

同族会社の行為又は計算の否認

同族会社の行為又は計算の否認

9月/12 By

中野区の税理士(飲食店に強い)の三堀貴信です。同族会社の行為又は計算の否認について。 同族会社の行為又は計算の否認規定は、法人税法、所得税法、相続税法において適用されます。 たとえば、法人について。法人税法132条では、

税理士、弁護士等の源泉徴収

税理士、弁護士等の源泉徴収

9月/12 By

中野区の税理士(飲食店に強い)の三堀貴信です。税理士、弁護士等の源泉徴収について。 弁護士や税理士等の支払う報酬や料金等については、源泉徴収をする必要があります。以下、国税庁のホームページより。 [平成27年4月1日現在

源泉所得税の納期の特例

源泉所得税の納期の特例

9月/7 By

中野区の税理士(飲食店に強い)の三堀貴信です。「源泉所得税の納期の特例」について。 源泉所得税の納期の特例 源泉徴収した所得税は、原則として、給与などを実際に支払った月の翌月10日までに国に納めなければなりません。 しか

現金振り込みをした場合

現金振り込みをした場合

9月/7 By

中野区の税理士(飲食店に強い)の三堀貴信です。「現金振り込みをした場合」について 現金振り込みをした場合、領収書等の原資証憑が得られない場合もあります。その場合領収書の代わりになるものが、振込明細だと思われます。 しかし

売上の計上時期

売上の計上時期

9月/7 By

中野区の税理士(飲食店に強い)の三堀貴信です。「売上の計上時期」について。 決算日をまたぐような場合、売上計上のミスが起こりやすくなります。 例えば、本来は当期の売上にしなければならないものが、翌期の売上になってしまった

ホームページ製作費は繰延資産か?

ホームページ製作費は繰延資産か?

9月/7 By

中野区の税理士(飲食店に強い)の三堀貴信です。「ホームページ製作費は繰延資産か?」について。 インターネット上に広告宣伝用のホームページを開設しました。その制作のために業者に委託した費用は、広告宣伝費等として一時の損金に

更正の請求

更正の請求

9月/7 By

中野区の税理士(飲食店に強い)の三堀貴信です。「更正の請求」について。 平成23年12月2日以後に法定申告期限が到来する国税について、更正の請求ができる期間が法定申告期限から原則として5年に延長されました。(今までは1年

所得増大促進税制の利用

所得増大促進税制の利用

9月/7 By

中野区の税理士(飲食店に強い)の三堀貴信です。「所得増大促進税制の利用」について。 平成26年度税制改正において、制度の拡充・延長が行われました。 平成26年4月1日以後に終了する適用年度について、改正後の制度が適用され

法人成りのメリット・デメリット

法人成りのメリット・デメリット

9月/7 By

中野区の税理士(飲食店に強い)の三堀貴信です。「法人成りのメリット・デメリット」について。 (1)メリット 個人事業者が法人(会社や企業等)になることを法人成りといいます。 法人になった場合の税務上のメリットは種々ありま

通帳の出金、引き出しについて

通帳の出金、引き出しについて

9月/7 By

中野区の税理士(飲食店に強い)の三堀貴信です。「通帳の出金、引き出し」について。 この場合も、入金同様、現金を引き出しても通帳にはなにも記載されないのが一般的です。 したがって、引き出した場合は、ご自身で引き出した旨を通

通帳入金について

通帳入金について

9月/7 By

中野区の税理士(飲食店に強い)の三堀貴信です。「通帳入金」について。 預金通帳に、ご自身のお金を入金した場合、名前が表示されず、第三者から見て、何の入金なのかわからないケースが見受けられます。 もしかしたら、なんらかの収

法人成りに伴う譲渡所得税

法人成りに伴う譲渡所得税

9月/7 By

※消費税の項目を参照されたし

商品券等の発行に係る収益の帰属時期

商品券等の発行に係る収益の帰属時期

9月/7 By

中野区の税理士(飲食店に強い)の三堀貴信です。「商品券等の発行に係る収益の帰属時期」について。 商品券等を発行して対価を収受した場合には、売上はいつ計上すればよいのでしょうか? ①原則:商品券を販売した時点 ②特例:税務

人気記事

Sorry. No data so far.

人気記事

Sorry. No data so far.