follow us in feedly
follow us in feedly

※免責事項
当事務所の税務会計ニュース及びお役立ち情報における各種ニュース及び各種情報等につきましては、お客さまに不測の損害・不利益などが発生しないよう適切に努力し、最新かつ正確な情報を掲載するよう注意を払っておりますが、その内容の完全性、正確性、有用性などについて保証をするものではありません。 したがいまして当事務所は、お客さまが当事務所のホームページの税務会計ニュース及び各種情報等に基づいて起こされた行動等によって生じた損害・不利益などに対していかなる責任も一切負いませんことを予めご了承ください。
※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
※本情報の転載および複製等を禁じます。
(注)上記において、お客様とは、当サイトにご訪問頂いたすべての方をいいます。

権利金と敷金

権利金と敷金

1月/8 By

中野区の税理士(飲食店に強い)の三堀貴信です。「権利金と敷金」の意義について。 1.権利金 不動産の賃貸借に際して、賃借権を設定する対価として、賃借人(借手)が賃貸人(貸手)に支払う金銭をいいます。 通常、賃貸借契約が終

債権と債券の違い

債権と債券の違い

1月/15 By

中野区の税理士(飲食店に強い)の三堀貴信です。「債権と債券の違い」の意義について。 債権と債券は、発音が同じであり、かつ、その内容も似ていることから、しばしば混同されます。 債権は財産権の1つで、特定の者(債権者)が特定

債権者と社債権者

債権者と社債権者

1月/15 By

中野区の税理士(飲食店が得意)の三堀貴信です。「債権者と社債権者」の意義について。 企業に対し債権(債券だけではない)を有する者を債権者といいます。 一方、会社が発行した社債を購入・所有している者を社債権者といいます。

在庫

在庫

1月/15 By

中野区の税理士(飲食店に強い)の三堀貴信です。「在庫」の意義について。 在庫とは、一般的には、倉庫に保管してある商品・製品・原材料等をいいます。 店頭に陳列してあるものを在庫に含むこともあります。 ※免責事項 当事務所の

再更正

再更正

11月/26 By

中野区の税理士(飲食店が得意)の三堀貴信です。「再更正」の意義について。 再更正とは、税務署長が、更正(再更正も含む)又は決定(以下更正等という)をした後に、その更正等に係る課税標準等又は税額等を変更するためにする行政処

財産分与

財産分与

10月/19 By

中野区の税理士(飲食店に強い)の三堀貴信です。「財産分与」の意義について。 離婚による財産分与について。 夫婦が離婚したとき、相手方の請求に基づいて一方の人が相手方に財産を渡すことを財産分与といいます。財産分与が土地や建

財産法

財産法

1月/15 By

中野区の税理士(飲食店に強い)の三堀貴信です。「財産法」の意義について。 財産法とは、期末の自己資本(純資産)から期首の自己資本(純資産)を差し引いた差額として利益を求める方法をいいます。 実際の財産というストックの増加

最終仕入原価法

最終仕入原価法

12月/2 By

中野区の税理士(飲食店に強い)の三堀貴信です。「最終仕入原価法」の意義について。 法人の各事業年度の所得の金額は、益金の額から損金の額を控除して計算されることとされています。損金の額は、売上原価、販売費及び一般管理費、損

最適課税論

最適課税論

11月/12 By

中野区の税理士(飲食店に強い)の三堀貴信です。「最適課税論」の意義について。 最適課税論とは、「税に伴う損失の発生を最小化し、社会全体の厚生を最大化する」という尺度で税体系を評価する考え方をいいます。たとえば、特定の商品

再調達原価

再調達原価

1月/15 By

中野区の税理士(飲食店に強い)の三堀貴信です。「再調達原価」の意義について。 再調達原価とは、主として、棚卸資産の時価の概念として用いられるもので、取替原価とも呼ばれています。 同種の資産を、再度取得すると仮定した場合の

債務と負債

債務と負債

1月/20 By

中野区の税理士(飲食店が得意)の三堀貴信です。「債務と負債」の意義について。 債務とは、他人に対して一定の給付(または行為)をなすべき義務をいいます。法律上の用語となります。 一方、負債とは、他人から金銭や物資を借り入れ

財務内容評価法

財務内容評価法

1月/20 By

中野区の税理士(飲食店が得意)の三堀貴信です。「財務内容評価法」の意義について。 財務内表評価法とは、会計上、貸倒懸念債権の貸倒計上額を見積もる方法の1つです。 債権に担保や保証が付されているときは、担保の処分見込額や保

先入先出法

先入先出法

1月/20 By

中野区の税理士(飲食店に強い)の三堀貴信です。「先入先出法」の意義について。 先入先出法とは、棚卸資産等の払出価格を計算する方法の1つです。 最も古く取得したものから先に払い出すと仮定して計算する方法です。 つまりは、先

先取特権

先取特権

10月/31 By

中野区の税理士(飲食店に強い)の三堀貴信です。「先取特権」の意義について。 1.意義 法律の定める特定の債権をもつ者が、債務者の総財産あるいは特定の動産・不動産から、優先弁済を受けることができる担保物件。たとえば、使用人

詐欺による損失

詐欺による損失

12月/3 By

中野区の税理士(飲食店に強い)の三堀貴信です。「詐欺による損失」の意義について。 所得税法上、横領や盗難等によって、生活に通常必要な資産について損害を受けた場合には、所得金額から一定の金額を控除する雑損控除の適用がありま

先日付小切手

先日付小切手

12月/2 By

中野区の税理士(飲食店が得意)の三堀貴信です。「先日付小切手」の意義について。 一括評価の貸倒引当金の設定対象には受取手形が含まれます。この受取手形と似たようなものとして、先日付小切手があります。 商取引上の信義を重視し

差押と換価

差押と換価

11月/27 By

中野区の税理士(飲食店が得意)の三堀貴信です。「差押と換価」の意義について。 滞納租税を強制的に徴収するために、滞納者の財産処分を禁止する処分が差押であり、差押財産を金銭に換える処分が換価です。 差押財産の選択にあたって

雑所得

雑所得

11月/13 By

中野区の税理士(飲食店に強い)の三堀貴信です。「雑所得」の意義について。 雑所得とは、所得税法における10種類の所得区分の1つで、他の9種類の所得のいずれにも該当しない所得をいいます。 原則として、個人に帰属するべきあら

雑損控除

雑損控除

10月/17 By

中野区の税理士(飲食店に強い)の三堀貴信です。「雑損控除」の意義について。 災害で住宅、家具、衣類などの資産に損害が生じた場合、一定額を控除することができます。これを雑損控除といいます。 雑損控除の内容は次の通りです。

三角合併

三角合併

11月/17 By

中野区の税理士(飲食店に強い)の三堀貴信です。「三角合併」の意義について。 三角合併とは、会社を合併する際に、存続会社が消滅会社の株主に対し、合併の対価として、存続会社の株式ではなく、親会社の株式を交付する合併方法のこと

人気記事

Sorry. No data so far.

人気記事

Sorry. No data so far.