follow us in feedly
follow us in feedly

※免責事項
当事務所の税務会計ニュース及びお役立ち情報における各種ニュース及び各種情報等につきましては、お客さまに不測の損害・不利益などが発生しないよう適切に努力し、最新かつ正確な情報を掲載するよう注意を払っておりますが、その内容の完全性、正確性、有用性などについて保証をするものではありません。 したがいまして当事務所は、お客さまが当事務所のホームページの税務会計ニュース及び各種情報等に基づいて起こされた行動等によって生じた損害・不利益などに対していかなる責任も一切負いませんことを予めご了承ください。
※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
※本情報の転載および複製等を禁じます。
(注)上記において、お客様とは、当サイトにご訪問頂いたすべての方をいいます。

前払費用

前払費用

9月/15 By

中野区の税理士(飲食店に強い)の三堀貴信です。「前払費用」の意義について。 継続して役務提供を受ける場合、未だ提供を受けていない役務に対し支払いを行う場合に生じる勘定科目です。前払賃料などがあります。 前払費用のうち、貸

間違えやすい税金用語1

間違えやすい税金用語1

10月/31 By

中野区の税理士(飲食店に強い)の三堀貴信です。「間違えやすい税金用語1」の意義について。 1.公布と施行 ある税法が国会で成立すると、そのことが公に告げ知らされ(公布)、その法律は効力を持つことになります。しかし、現実的

間違えやすい税金用語2

間違えやすい税金用語2

10月/31 By

中野区の税理士(飲食店に強い)の三堀貴信です。「間違えやすい税金用語2」の意義について。 1.普通徴収と特別徴収 どちらも地方税の徴収方法でありますが、普通徴収とは、納税通知書により納税者に通知して税金を徴収する方法です

満期保有目的債券

満期保有目的債券

9月/15 By

中野区の税理士(飲食店に強い)の三堀貴信です。「満期保有目的債券」の意義について。 金融商品会計における有価証券の保有目的による区分の1つで、満期まで持ち続けることを目的として保有する社債その他の債券のことをいいます。

見越しと繰延べ

見越しと繰延べ

9月/15 By

中野区の税理士(飲食店に強い)の三堀貴信です。「見越しと繰延べ」の意義について。 収益と費用について、現金の収支と損益の計上が期間的にずれるものがあります。 たとえば、当社が役務を提供する側の場合、収益に関しては、 ・ま

みなし給与

みなし給与

10月/17 By

中野区の税理士(飲食店に強い)の三堀貴信です。「みなし給与」の意義について。 給与には、毎月銀行の口座に振り込まれる、または現金で受け取る金銭以外にも、従業員が実質的に経済的利益を受けたものとして給与として取り扱われるも

みなし役員

みなし役員

10月/21 By

中野区の税理士(飲食店に強い)の三堀貴信です。「みなし役員」の意義について。 税法上の役員は、会社法上の役員よりもその範囲が広くなります。税法ではみなし役員という概念も入ってきます。 <みなし役員> 1.経営に従事してい

未払寄附金

未払寄附金

12月/12 By

中野区の税理士(飲食店が得意)の三堀貴信です。「未払寄附金」の意義について。 寄附金は、反対給付がなく、相手に金銭等を贈与する無償の経済的利益の供与であるから、現実に支払いを行った時に寄附金の支出があったものとされます。

未払交際費等

未払交際費等

12月/11 By

中野区の税理士(飲食店に強い)の三堀貴信です。「未払交際費等」の意義について。 接待、慰安、贈答などの交際費等に該当する費用については、仮払い、未払いなどの経理処理の如何にかかわらず、その支出すべき事実があった(接待等の

未払費用と未払金

未払費用と未払金

9月/16 By

中野区の税理士(飲食業に強い)の三堀貴信です。「未払費用と未払金」の意義について。 未払費用は、当期の費用でありながら次期に支払日が到来するものをいいます。 期末現在でみて、支払義務は確立していません。例えば、借入金の利

無形固定資産

無形固定資産

9月/16 By

中野区の税理士(飲食店に強い)の三堀貴信です。「無形固定資産」の意義について。 無形固定資産とは、長期間にわたり事業収益を獲得するために使用する諸権利等をいいます。①営業権、②法律上の権利である工業所有権(特許権、商標権

無申告加算税

無申告加算税

11月/22 By

中野区の税理士(飲食店に強い)の三堀貴信です。「無申告加算税」の意義について。 無申告加算税とは、納税申告の重要性に鑑み、法定申告期限内に申告が行われなかった場合に課される行政上の制裁措置です。 無申告加算税について、国

明瞭性の原則

明瞭性の原則

9月/16 By

中野区の税理士(飲食店に強い)の三堀貴信です。「明瞭性の原則」の意義について。 企業会計原則一般原則の1つ。 「企業会計は、財務諸表によって、利害関係者に対し必要な会計事実を明瞭に表示し、企業の状況に関する判断を誤らせな

目に見えない増税

目に見えない増税

3月/12 By

中野区の税理士(飲食店に強い)の三堀貴信です。「目に見えない増税」について 目に見えない増税「給与所得控除額の削減」についてです。 以下は、平成26年に税制改正されたものの1つです。 以下、財務省のHPより引用・抜粋 財

免税事業者

免税事業者

11月/19 By

中野区の税理士(飲食店に強い)の三堀貴信です。「免税事業者」の意義について。 免税事業者とは、売上高が一定金額以下の場合に、消費税を納める義務が免除される事業者のことをいいます。 現行法によれば、課税期間に係る基準期間(

目的税

目的税

10月/15 By

中野区の税理士(飲食店に強い)の三堀貴信です。「目的税」の意義について。 目的税とは、ある特定の経費に充当することを予め想定して徴収される税金です。 特定事業の財源を確保するという意味合いで徴収することが定められている税

目的論的解釈

目的論的解釈

11月/5 By

中野区の税理士(飲食店に強い)の三堀貴信です。「目的論的解釈」の意義について。 目的論的解釈とは、別名、趣旨解釈ともよばれ、法の趣旨目的に従ってなされる解釈の方法をいいます。 法の成立当時だけでなく、法の適用時にも、その

人気記事